スポンサーサイト

  • 2018.12.01 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    反日主義者のたどる道81 〜植村隆、櫻井よしこらへの賠償請求を棄却される

    • 2018.11.10 Saturday
    • 21:31

    JUGEMテーマ:日韓問題

     


    ぱんぱかぱーん!(愛宕/艦隊これくしょん)
     
    アズールレーン 愛宕














    【MAD】パンパカパーンの系譜
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm26440517


     
    愛宕「ぱんぱかぱーん!ぱぱぱぱぱぱんぱかぱぱぱぱぱぱぱぱぱ(ry
    https://www.youtube.com/watch?v=h1KuGtf5mF4




    静粛に

    槌求 〜叩きつけられて
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm28553330



    岡山忠広裁判長(札幌地裁)
    「判決を言い渡す。櫻井よしこ氏や出版3社への賠償請求を棄却する。」
    朝日新聞/櫻井よしこ氏らへの賠償請求退ける 慰安婦報道巡る訴訟
    https://www.asahi.com/articles/ASLC965DRLC9UTIL03C.html?iref=pc_ss_date
    <引用開始>
     元慰安婦の証言を伝える記事を「捏造(ねつぞう)」と断定され名誉を傷つけられたとして、元朝日新聞記者で「週刊金曜日」発行人兼社長の植村隆氏がジャーナリストの櫻井よしこ氏や出版3社に損害賠償などを求めた訴訟の判決が9日、札幌地裁であった。岡山忠広裁判長は請求をいずれも棄却した。植村氏は控訴する方針。
     植村氏は1991年、韓国人元慰安婦の金学順(キムハクスン)さんの証言を取材。記事は8月と12月、朝日新聞に掲載された。この記事に対し櫻井氏は2014年に月刊誌「WiLL」4月号で「植村記者が真実を隠して捏造記事を報じた」と指摘。「週刊新潮」「週刊ダイヤモンド」誌上でも植村氏の記事を「捏造」と断定する論文やコラムを書いた。
     植村氏は、教授として就職が内定していた神戸松蔭女子学院大(神戸市)の雇用契約を解除せざるを得なくなり、非常勤講師を務めていた北星学園大(札幌市)や家族に非難や脅迫が集中した。これらの被害は櫻井氏の文章により名誉を傷つけられたためだとして、植村氏が15年2月に提訴。櫻井氏と3誌を発行するワック、新潮社、ダイヤモンド社を相手取り、損害賠償計1650万円の支払いなどを求めていた。
     岡山裁判長は判決で、櫻井氏の論文などが植村氏の社会的評価を「低下させた」と認めた。一方で、櫻井氏が他の新聞記事や論文などから、植村氏の記事は事実と異なると信じたことには「相当の理由がある」などと結論づけた。
     裁判では、櫻井氏が植村氏を批判した論文の誤りを認めて訂正する場面もあった。櫻井氏は論文で、金さんが日本政府を相手どり訴えた訴訟に触れた際、実際は訴状にないことを、訴状からの引用として紹介したと指摘されていた。
    <引用終了>





    朝日新聞が書いているからフェイクニュースじゃないかと疑っておられる方もいるでしょう。
    ところがどっこい、夢じゃありません!

    現実です!これが現実!
     
    夢じゃありません!現実です!









     


    私が何度も
    反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!
    我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
    日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!
    国民に希望を持たせるぞ!
    誇りを持たせるぞ!
    と書けば札幌地裁の岡山忠広裁判長がありもしない日本の慰安婦強制連行記事を書いて祖国と先人の名誉を汚した植村隆側の櫻井よしこ氏や出版3社への賠償請求を全面棄却する。
    私の言葉は重すぎる。
    私の言葉は重すぎる






    だからこそあえて書こう。
    国民は国難に立ち向かう気迫を持て!
    国民・国益を守る議員を当選させろ!
    民進党、共産党、社民党、公明党、その他地域政党に紛れ込んでいるこれらの党の議員を国会を含むあらゆる議会から一掃するぞ!
    不正な手段で日本に入国し、戦前からいたと詐称して特別永住者となった在日韓国・朝鮮人から特別永住資格を剥奪するぞ!
    入管特例法を廃止に追い込むぞ!
    反日国家・反日外国人には強硬な姿勢で臨み、譲歩しないぞ!
    反日外国人・犯罪外国人を日本から追放するぞ!
    反日教師を教育現場から追放するぞ!
    反日マスコミから事業許可を剥奪するぞ!
    社会主義=共産主義者を日本国内から一掃するぞ!
    在日韓国・朝鮮人ならびに共産党、旧社会党支持者は戦後から今日にいたるまでに日本で行った犯罪を謝罪しろ!
    共産党、社民党、民主党支持者は日本国籍ならびに保有する全財産を返上して心の祖国、シナ、北朝鮮に帰れ!
    韓国民団と朝鮮総連は在日韓国・朝鮮人からなる「自由北朝鮮軍」を編成し、北朝鮮人民を金一族の圧政から解放するために北朝鮮に攻め込め!
    韓国民団と朝鮮総連は「北朝鮮開拓団」を編成し、荒れ果てた北朝鮮の国土再建のために全ての在日韓国・朝鮮人を連れて行け!
    我々は多くの祖先の血で築き上げた日本を守り抜くぞ!
    日本の栄光ある歴史を語り継ぐぞ!
    我々は売国の「二百三高地」、全国の朝鮮学校、朝鮮総連、韓国民団の敷地を奪還するぞ!
    現行憲法破棄&自主憲法制定、自衛隊の国軍への改組、スパイ防止法制定等の政策を執行し戦後レジームを一掃するぞ!
    国民に希望を持たせるぞ!
    誇りを持たせるぞ!
    人間と社会の本質、主権者としての心構えを知らせるぞ!
    勇気を持って不正、不公正、外国からの侵略に立ち向かわせるぞ!
    我々憂国派は人を人とも思わない、法を法とも思わない、国を国とも思わない、人としての良心をかけらも持ち合わせていない野獣のような鬼畜・外道の類、犯罪特亜人とテロリストどもを日本国外へ追放するぞ!





    これが
    「あの国のあの法則」
    ネットで話題の日本を滅ぼす「あの国のあの法則」とは?
    https://matome.naver.jp/odai/2139499921481949701
    <引用開始>
    第一法則
    国家間から企業、個人に至るまで、朝鮮半島(韓国、北朝鮮)と組むと負ける。
    <引用終了>


    に逆らい韓国人に与して祖国と先人の名誉を汚した者の起こした訴訟の結末なのです。





    そもそも太平洋戦争犠牲者遺族会で働いていた韓国人女性(母親は同会幹部の梁順任)と結婚するような輩に慰安婦問題に関する客観的な記事が書けるはずがありません。



    岡山裁判長が判決で「櫻井氏が植村氏の記事は事実と異なると信じたことには相当の理由がある」の「相当の理由」がまさにこれです。




    国民よ、マスゴミやパヨクどもの「政府と国民を引き離すため、刃向かうものすべてを中傷し、とくに政府や州当局の要人に対して疑惑の目を向けさせることによって、政府の権威を根底から覆そうとする」言動に惑わされず、
    スイス政府発行の冊子、『民間防衛』
    国内の敵は、政府と国民を引き離すため、刃向かうものすべてを中傷し、とくに政府や州当局の要人に対して疑惑の目を向けさせることによって、政府の権威を根底から覆そうとする。国民がこれら当局者を信頼しなくなったときこそ、国民を操縦するのに最も容易なときである。


    小学校から大学に至るまでの教師たちが、我々の自由の理想と国民的な名誉に対して忠実であるならば、占領軍は絶対にその思想に手をつけられず、屈服させることはできないだろう。精神的な抵抗運動を誰よりもまず最初に引き受けて実行するのは、我が国の教育者たちである。


    (ある国の)国民に戦うことを諦めさせ、軍用機や装甲車、訓練された部隊などはすべて役に立たないと納得させることができれば、武器を使うことなく、その抵抗を打ち破ることができる。それは巧妙な宣伝によって可能となる。


    現代は、宣伝の技術や手段が発達しているので、あらゆる形で他国に浸透することが可能だ。ある国は、防衛姿勢を示すことなく敗北し占領されてしまった。それは、その国民の魂が、利害関係のある「友人」の演説に心地良く酔わされて、少しずつ眠り込んでしまったためである。


    戦争は嵐が草木を打ちのめすように我々を打ちのめすだろう。持ちこたえなければならないのは軍隊だけではない。全国民が軍隊の背後で抵抗しなければならない。軍隊は、その背後に国民の不屈の決意があることを感じたとき、はじめてその任務を完全に遂行できるのだ。


    陰険で周到な宣伝は、国民の抵抗意思を挫くことができます。心がくじけたときに、腕力が何の役に立つでしょうか。反対に、決意を固めた指導者のもとに全国民が団結したとき、誰が彼らを屈服させられるでしょう。民間国土防衛は、まず意識に目覚めることから始まります。


    これらの名言を心に刻み、特亜とその手先による日本国内の分断工作、特亜に都合の悪いニュースを報道しない自由、矮小化する自由の行使を拒絶し、彼らの謳う「平和」「人権」「平等」「友愛」などの甘言に惑わされず、祖国と先人の名誉の保護に一致団結しなければなりません。

    スポンサーサイト

    • 2018.12.01 Saturday
    • 21:31
    • 0
      • -
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      categories

      archives

      recent comment

      profile

      twitter

      search this site.

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << June 2019 >>

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM